<   2005年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

大学生の夏休み

今日で小中高校の夏休みは終わりらしいですねぇ。
大学生の夏休みは長いですなぁ。(笑)

自分の大学は、9月の中ごろまで休みです。
他の大学よりかは、短いのかな?
でも、休みが多いのは嬉しいですけど、その分やる事を持て余してしまいそうになるのが難儀です。
まいっかとか思っちゃいやすいですしねぇ。
この半月、きびきび生活していこう。

・・・あれ、昨日の日記よりも短いや。(終)
[PR]
by heart-of-chord | 2005-08-31 17:12 | 雑記

大きな猿と、蛙と、豹と。

剣奴脱出(新)の展開ですー。
飛んで来た槍は、無事カエルさんによって受け止められました。
どうもありがとうございますです。(深々)

で、今度は巨猿兵(大きなお猿)が4体。
どうやって、こなしていこうか。。
とりあえずはメンバーの方と相談の結果、逃げる方向を視野に入れつつ、ということになりましたです。

でも、楽しいなぁ。(笑)
デスなのに。(笑笑)
こういう真剣に考えたり、状況をいろいろと話し合って決めたりするのが、本当に楽しい。
うん、早く進めたい。
でも、メンバーの人には迷惑はかけないようにしないと。(汗)
という事で、このブログ史上激短の日記でした。(終)
[PR]
by heart-of-chord | 2005-08-30 19:40 | Aの魔法陣

聞くと聴く

自分が散々好きといってるコブクロさんのインディーズの頃のライブビデオで、
小渕さんが「十四の心」というお話されています。

「聞く」は、自分に届くまでに門を通して、それを聞く。
でも、門は開ける事も出来るけど、閉じる事だって出来る。
聞きたくないものは、その門を閉じる事で、それを自分に届けなくする。
聞きたくても、その門が閉じていれば、それを自分に届けることは出来ない。

「聴く」は、自分の中にある「十四の心」に触れたものを、耳から聴く。
人が持っている十四の心。
楽しさだったり、嬉しさだったり、寂しさだったり、悲しさだったり。。
そういう、十四の心に反応して、耳がそれを自分に届ける。
触れ方もいろいろで、揺さぶられたり、激しく叩き付けられたり、暖かく包まれたり。。
聴きたくなくても、十四の心に触れれば、それを自分に届けてしまう。
でも、十四の心に触れないものは、それを自分に届ける事は出来ない。

二つの「きく」があるのなら、心で触れ感じ、自分に届ける聴くの方が、何倍も自分に近い気がします。
確かに、ふとした嫌な事も、聴いてしまうかも知れませんけど、
でも、門を閉じたりしながら、選び取って聞くよりも、何倍も「それ」に近づけそうだと思います。
この話を「聴いた」とき、心は聴いているんだと、純粋に思いました。

音楽と聴くときは、出来るだけ自分の中にある十四の心に正直に、聴くようにしています。
その方が、自分にも「音楽」に対しても、何倍も近づけるように感じるので。
そういう風な見方も、世の中にはたくさんあっていいと思ったりした、今日この頃です。(終)
[PR]
by heart-of-chord | 2005-08-29 19:20 | 音楽

お盆

ちょっとした不思議体験が起こりました。

兄が最近どうも調子が悪いらしく、病院に行っても、静養してても何の進展もないという事がありました。
兄は、どうも一家の中で霊媒体質らしく、よくそういったものに好まれる事があるんです。
で、今回もどうも何かおかしいという事で、親戚筋にお祓いやそういった事を仕事にしてる人に、
相談したところ「先祖がざわざわしている」との事で、兄に先祖の思いがのしかかっていたらしいです。

その人に祈祷を頼んでおいて、先祖を収めてくれたという話なんですが、何だか少し寂しいような感じがします。
ちゃんと毎年供養もしているのですが、それ以外での別の思いが、こんな形で表れてしまう事に、
ちょっと考えさせられる感じです。
でも、こちらが出来る事をきちんとしていると胸を張ることで、その想いが伝わればいいなと、
そう思ってるんですが、、うーん。

相手を思いやる事って、難しいですね。
それが、存在する人でもそうでない人でも、想うことを伝える事が出来ないとそれが見えないのは、
相手がそれに気づいてくれるのを待つしかないから、より一層ですね。
相手が気づかなければそれまでと、言ってしまえばお終いなんですが、
それでも何とかしたいと思うことは、徒労なのかなぁ。

まぁ、自分はしたいからするという思いは変わらないんですけど、時々そういう事も考えちゃいます。(終)
[PR]
by heart-of-chord | 2005-08-28 19:05 | 日々の出来事

検査検査ー。

はい。ということで、昨日の血液検査の結果を聞いてきました。
結果は、炎症反応を調べる値に少し以上がみられただけで、他はまったくの問題は無かったです。
やっぱり、熱が上がったり下がったりするのは、何かが原因で起こっているようです。
まぁ、薬を飲んでいれば大丈夫だろうと言う事なので、一応の点滴を打ってから帰りました。

というか、検査って面白いですよね。
自分の体のいろんなことが分っちゃいますから。(笑)
例えば、肝臓の健康を示す値が、何故かアルコールを飲むと上がるという値だけ少しだけ高かったり、
(もちろん、こんな状態なのにお酒なんか飲んでませんよ?)
血糖値が標準値より少しだけ低かったりと、自分の知らない自分が見えるようで楽しいです。
(もちろん、問題が無い程度に高かったり、低かったりするだけです。)

血を取る瞬間も、ちょっと楽しいですよね。(え?)
自分の血って思ったよりも黒いんですが、よーく見ると赤が濃いから黒く見えるんですよね。
で、針とか、注射器とか・・・・

・・・・自分で言ってて、(自分の言ってる内容に)怖くなってきた。(爆)
でも、病院嫌いな人は、こんな事したかねぇよ!とか、思うんだろうなぁ。
まぁ、そりゃあ、病院にお世話になりすぎるのは、あんまり良くないとは思いますけどね。(終)
[PR]
by heart-of-chord | 2005-08-27 15:15 | 日々の出来事

ゴホゴホ病院

この前病院に行ったのに、まだ、全然咳と夜になって上がる微熱が下がりません。
と言う事で、もう一度病院にいってきました。

家の近く(というか、自分が住んでいる地域) に地元市民病院(結構いい病院)から、
最近、内科部長が独立したという内科専門医のいる個人病院に行きだしたんですけど、
やっぱり、専門医がいるというのは心強いですね。

自分が個人病院というと死にかけた思い出しかないので、専門医じゃない所の病院は行かなかったんです。
その死にかけた原因は、その個人病院の医者のもの凄い誤診のせいもあったので。

そういう訳で、専門医がいるその病院で、もう一度診察を受けて、血液検査と薬を新しくしてもらって、
家に帰りました。
明日、検査結果が届くそうなので、楽しみにして待ってますー。(終)
[PR]
by heart-of-chord | 2005-08-26 15:05 | 雑記

サモンナイトエクステーゼ

買いました、というか、買っちゃいました。(笑)
お金はないはずなのに、とうとう今月に入って2本目のゲームを買っちゃいました。(爆)

買ったゲームは、「サモンナイトエクステーゼ」。
これは、「サモンナイト」という、現在3作(外伝を入れると6作)S.RPGのシリーズのひとつなんですが、
S.RPGじゃなくて、A.RPGに方向換えしたものの最新作です。(外伝もA.RPG)
いや、本編じゃなくて外伝的な作品なんですけどね。
ちゃんとタイトルには、「サモンナイト4」とは銘打っていないですから。

アクションは苦手なんですが、こういうA.RPGは以外に好きだったりします。
某ロックマンとか、某魔界村とか、あぁいう感じのガチアクションは苦手なんですけどね。(汗)

やっぱりと言うか、面白いです。(笑)
買ったものは、面白くないと言わない精神(というか、言えないこだわりの無さ)のおかげで、
ずいぶん楽しませてもらってます。

サモンナイトシリーズの一つの謎が、これで解けちゃいましたですよ。
うん。サモンナイトシリーズの雰囲気が好きな人なら、やって損は無いですよ。
この独特のほんわかファンタジーっぽい雰囲気、A.RPGになっても変わってないです。

・・・お金、本気でヤバくなって来たなぁ。。。(終)
[PR]
by heart-of-chord | 2005-08-25 14:54 | ゲーム

自分の生まれた日

今日で、生まれてから21年が経ちました。
うーん、21年って凄いですよねぇ。でも、まだ21年しか過ぎてないんですよね。
年月の感覚って、そのときそのときを未来から見てると、短いですけど、
少しスパンをおいて見ると、すごく長いんですよね。

時の感覚が、大人になって短く感じるのは、死ぬ時に長い苦しみを持たないためとか、
時間よりも大切な事が多くなったせいとか聞いた事がありますが、
そういう風に考えるのはちょっと寂しいと思います。
時間の方が、その生まれてきた年月分だけ、一つ一つ多く寄り添ってきてくれてる。
って、考える方が幸せな気分になります。
多く生きてきた人を、その生きた分だけの時が祝福してくれている。
そう考えると、祝福してくれてる分だけ幸せにならなきゃって、頑張れる様な気がします。

今日、自分の生まれた日を一つ経て、また一つ時が祝福してくれてる。
そんな自分を大切にしていきたいと思います。(終)
[PR]
by heart-of-chord | 2005-08-24 13:00 | 日々の出来事

音と想い

音楽って、音だけじゃただの空気の振動なんですよね。
でも、何でその音が人を感動させたり、心動かさせたりするんだろう。
空気の振動とは別の、強い気持ちが一緒に伝わってくるのは、どうしてなんだろう。

伝える側の、伝えたい想いが音と一緒に空気を震わせて自分のところまで響いてくるのは、
何か凄いような気がするんですが、それをやっぱり言葉では表しきれないです。
うーん。この世には言葉で表せない事が多すぎるなぁ。(笑)
でも、そんな言葉で表せないような事を音で表してしまう音楽は、人が生み出したものの中で、
一番凄いものだと思います。

音楽に心を浸しているときが、一番人でよかったと思うこのごろでした。(終)
[PR]
by heart-of-chord | 2005-08-23 12:38 | 音楽

病院にて

という事で、朝一番に地元の病院に行ってきました。
どうやら夏風邪みたいです。
点滴や注射はしませんでしたが、薬をもらってきました。
飲んだだけでずいぶん違いますね。うん。病院にいくべきだったと後悔。(汗)

で、待ち時間に思ったんですが、やっぱり病院は落ち着きますね。
前に歯医者で寝てしまうと書いた事ありましたが、病院は自分にとって落ち着く所みたいです。(笑)
「病院」という物自体そんなに悪い印象を持ってないので、それが落ち着きを与えてくれるみたいです。
(まぁ、個々の病院にはそれぞれの印象がありますけど。)
しかし、何でみんな病院とか、注射とか、点滴とか、歯を削るのとか怖がるんだろうなぁ。
治してくれるんだから、いいものなのに~。(終)
[PR]
by heart-of-chord | 2005-08-22 12:28 | 雑記