カテゴリ:音楽( 8 )

ライブ感想

昨日は本当に良かったです。
楽しくて、感動して、笑って、泣いてを繰り返した、そんな感じです。

いろんな人のセッションが聴けて、良かったとしかホント言えないです。
ライブって、その場所でしか聴けなくて、その場でしか体験出来ない音があって、
言葉じゃ、あんまり伝えられないです。

おかげで、今日はあんまり寝れてません。(笑)
でも、また歌いたいって気持ちが膨れ上がりました。
これを仕事に出来たらいいんだけどなぁ。(終)
[PR]
by heart-of-chord | 2005-10-02 15:14 | 音楽

ライブー♪ライブー♪

先取り日記です。(爆)
ライブに行って来ますー。久しぶりのライブですー。楽しみですー。
コブクロさんがマスターを務めて、色んなアーティストさんとセッションをするライブなのです。
今から、楽しみですー。
楽しんできますー。今日は寝れるかなぁ。(笑)
また、感想などは後日に書きますです。(終)
[PR]
by heart-of-chord | 2005-10-01 22:48 | 音楽

音楽ネットサーフィンもどき

携帯がauなので、着うたフルのいいのが無いかつらつら調べていたら、
またお気に入りのアーティストが増えてしまいました。(笑)

中孝介さんという方なんですが、この読み方が最初分らなかったです。(笑)
沖縄の宮古島出身のアーティストさんで、「中」と書いて、「あたり」と読むそうです。
三線と島唄の節と独特な声色でものすごく深みのある音楽をされています。
初めはTVに出ていたのを見て、少し気になっていたのですが、着うたフルがあるという事で、
早速ダウンロードしてみたんですが、すごくいいです。
CD買いたいけど、お金が無いのが悲しいですが。。(泣)

自分は、よく着うたフルで音楽をダウンロードしています。
アルバムの曲なんかがあると、つい全曲落としそうに。。。(笑)
実際、アルバムなんかはCDを買うよりも、ダウンロードした方が安くつきますしね。(コラ)
ただ、もう携帯のデータフォルダの容量が無く、SDカードを買わないといけない状況なので、
ダウンロードも出来ないですけど。(大泣)

CD発売前とか、カラオケなんかで歌う前に、着うたフルで前もって聴く事が出来るのも魅力ですしね。
結構音楽ネットサーフィンもどき、オススメです。

追記
おかげ様で、このブログのカウントが1000を超えました!
いつも拝見してくださっている皆さん、ありがとうございますです。
そして、最近更新しなくてごめんなさい。(汗)
[PR]
by heart-of-chord | 2005-09-12 10:40 | 音楽

聞くと聴く

自分が散々好きといってるコブクロさんのインディーズの頃のライブビデオで、
小渕さんが「十四の心」というお話されています。

「聞く」は、自分に届くまでに門を通して、それを聞く。
でも、門は開ける事も出来るけど、閉じる事だって出来る。
聞きたくないものは、その門を閉じる事で、それを自分に届けなくする。
聞きたくても、その門が閉じていれば、それを自分に届けることは出来ない。

「聴く」は、自分の中にある「十四の心」に触れたものを、耳から聴く。
人が持っている十四の心。
楽しさだったり、嬉しさだったり、寂しさだったり、悲しさだったり。。
そういう、十四の心に反応して、耳がそれを自分に届ける。
触れ方もいろいろで、揺さぶられたり、激しく叩き付けられたり、暖かく包まれたり。。
聴きたくなくても、十四の心に触れれば、それを自分に届けてしまう。
でも、十四の心に触れないものは、それを自分に届ける事は出来ない。

二つの「きく」があるのなら、心で触れ感じ、自分に届ける聴くの方が、何倍も自分に近い気がします。
確かに、ふとした嫌な事も、聴いてしまうかも知れませんけど、
でも、門を閉じたりしながら、選び取って聞くよりも、何倍も「それ」に近づけそうだと思います。
この話を「聴いた」とき、心は聴いているんだと、純粋に思いました。

音楽と聴くときは、出来るだけ自分の中にある十四の心に正直に、聴くようにしています。
その方が、自分にも「音楽」に対しても、何倍も近づけるように感じるので。
そういう風な見方も、世の中にはたくさんあっていいと思ったりした、今日この頃です。(終)
[PR]
by heart-of-chord | 2005-08-29 19:20 | 音楽

音と想い

音楽って、音だけじゃただの空気の振動なんですよね。
でも、何でその音が人を感動させたり、心動かさせたりするんだろう。
空気の振動とは別の、強い気持ちが一緒に伝わってくるのは、どうしてなんだろう。

伝える側の、伝えたい想いが音と一緒に空気を震わせて自分のところまで響いてくるのは、
何か凄いような気がするんですが、それをやっぱり言葉では表しきれないです。
うーん。この世には言葉で表せない事が多すぎるなぁ。(笑)
でも、そんな言葉で表せないような事を音で表してしまう音楽は、人が生み出したものの中で、
一番凄いものだと思います。

音楽に心を浸しているときが、一番人でよかったと思うこのごろでした。(終)
[PR]
by heart-of-chord | 2005-08-23 12:38 | 音楽

初回応募者特典サービスDVD

今日になって、大分喉のよくなってきました。元の三分の二くらいな感じです。
大体の曲を歌えるようになってきたので、もう大丈夫です。(と言うか、治るまで歌うな)

今日、夕方頃にコブクロさんのCD・DVCの応募券を送るともらえるDVDが届きました。
で、さっそくPS2引っ張り出して見ました。(その間、加湿器ストップ)

内容は、、、あんまり言ってしまうのもあれなんですけど、すごく嬉しかったです。
インタビューとPVの撮影風景、鳩間島での交流会の様子が入ってました。
インタビューは、映像的にもの凄くカッコよかったのと同時に、その内容がとても嬉しかったです。
お二人の音楽のあり方や、これからのあり方。
色んなものに対する真摯な姿がすごく、今の「コブクロ」さんを映し出していて、
その姿に感動と言うよりも、納得やその姿を知れる喜びを感じました。
本当、応募してよかったです。

PVの撮影風景や鳩間島の交流会の様子は、すごくほのぼのとしてて、見ててリラックスできました。(笑)
あと、沖縄の風景の綺麗さや壮大さが、映像の端々から見えて、行ってみたいなぁと言う気持ちになりました。(笑)
いつか、絶対に行ってやる。

そんなこんなで、コブクロさんに癒された一日でした。(終)
[PR]
by heart-of-chord | 2005-07-29 22:28 | 音楽

風に吹かれて

明日で、テストも学校も終わりなんですが、突如として現実逃避です。
だって、ナイーブなんだもん。テストの事(というか、主に単位の事)ばかり考えてると、吐き気がしちゃうんだ。
教育実習できるかどうかがかかってるですから。
・・・まぁ、教職の大事な授業は秋学期に固まってるという事は、この際忘れて。(忘れるな。)

自分が好きだ好きだと言っているアーティストのコブクロさん。
今年も、「風に吹かれて」という音楽イベントを開催します。
2年前から始まったイベントなんですが、去年参加させてもらって、とても楽しかったです。
去年は、Kiroroさんとホストととして、この2アーティストに関わりがある人をゲストとして呼び、
一緒にライブを行うという方式を取っていました。

でも、本当にコブクロさんの出る音楽イベントやライブは、ハズレがないです。
お二人が路上出身で、ライブをすることを生業としていたからかもしれませんが、本当に生が一番すごくいいです。
MCが面白いのはもちろんの事、生で聴く音楽がすばらしいです。
感想がこれしかいってない気がしますが。(汗)
表現力が乏しいのは、ご勘弁という事で。(笑)

で、このイベントに行こうか行くまいかすごく迷ってます。
いや、時間は何とかできそうなんですが、チケットが取れるかどうかという問題が・・・
去年なら、問題なく取れてたんですが、今年のコブクロさんのチケット争奪率が半端じゃなく上がってるんです。
いろんな人がコブクロさんの音楽を聴こうとしてくれてるのは嬉しいことなんですが、
この問題だけはちょっと・・・な感じです。(汗)

あと、来年の就活の資金など金銭的な不安もあるんですが・・
みゅー、行っちゃいそうな予感がします。(笑)
まぁ、行ったら行ったで楽しんできますです~。(終)
[PR]
by heart-of-chord | 2005-07-25 12:14 | 音楽

音と声

色々書いてきましたが、音楽の事を全く書いてない事に気づきました。
表の紹介文で、音楽の事も中心に書くって言ってるのに。(汗)

自分の好きなアーティストさんに、「コブクロ」というアーティストがいます。
元々、大阪や京都などの関西圏を中心に活動していたインディーズのアーティストだったのですが、
4年前、ワーナーミュージックジャパンから「YELL」という曲でメジャーデビューをして、
それ以来、精力的に、CDリリースやライブを行っています。
ちなみに、コブクロの名前の由来は「黒田俊介」さんと「小渕健太郎」さんの二人組みなので、
苗字の二文字を取って「コブクロ」いう名前にしたらしいです。

自分はインディーズ時代に一回だけ、お二人の曲を聴いたことがある(と言っても、遠くからサビを一曲だけなんですけど)のですが、そのときの、音と声は今でもありありと思い出せます。
それほど、お二人の音と声は心の中に響きました。

現在でも、その音と声の本質は変わらずに、しかし、重ねた年の分だけ、その音と声は進化していっている彼らは本当にすごいです。生で聴くと、本当にその力強さが感じられます。

ちなみに、自分がギターを始めたのも、彼らの音楽に影響されたからなんですけど、
こっちの方は全く進歩がありません。。。目指す彼方は遠いなぁ。(終)
[PR]
by heart-of-chord | 2005-07-03 19:16 | 音楽