お盆

ちょっとした不思議体験が起こりました。

兄が最近どうも調子が悪いらしく、病院に行っても、静養してても何の進展もないという事がありました。
兄は、どうも一家の中で霊媒体質らしく、よくそういったものに好まれる事があるんです。
で、今回もどうも何かおかしいという事で、親戚筋にお祓いやそういった事を仕事にしてる人に、
相談したところ「先祖がざわざわしている」との事で、兄に先祖の思いがのしかかっていたらしいです。

その人に祈祷を頼んでおいて、先祖を収めてくれたという話なんですが、何だか少し寂しいような感じがします。
ちゃんと毎年供養もしているのですが、それ以外での別の思いが、こんな形で表れてしまう事に、
ちょっと考えさせられる感じです。
でも、こちらが出来る事をきちんとしていると胸を張ることで、その想いが伝わればいいなと、
そう思ってるんですが、、うーん。

相手を思いやる事って、難しいですね。
それが、存在する人でもそうでない人でも、想うことを伝える事が出来ないとそれが見えないのは、
相手がそれに気づいてくれるのを待つしかないから、より一層ですね。
相手が気づかなければそれまでと、言ってしまえばお終いなんですが、
それでも何とかしたいと思うことは、徒労なのかなぁ。

まぁ、自分はしたいからするという思いは変わらないんですけど、時々そういう事も考えちゃいます。(終)
[PR]
by heart-of-chord | 2005-08-28 19:05 | 日々の出来事


<< 聞くと聴く 検査検査ー。 >>