泣く事

自分には、もう祖父がいません。
高校と大学の時に逝去しました。

その時、自分は何にも感じられませんでした。
喪失とか呆然とか、そういう事じゃなくて、単に「あぁ、そうなんだ。」と。
二人ともあんなに仲良かったのに、あんなに慕ってたのに、
いざじいちゃんを前にしても、心の揺らぎも涙の一つも起こらなかった。
花を添える時も、出棺の時も、お骨を拾う時も。
凍った様に済ませてました。
泣く事が必ずしも、その人の追悼になるとは限らないと思いますが、それでもあの時の自分は変だったと思います。
今思い返しても、あの時感じていた過ぎた感情は戻らず。
今はじいちゃん達のことも笑って話せますが。
ただただ、すごく、申し訳ない。

今の自分がどうなのかは分かりませんが、
自分の感情・心から泣ける人はすごいと思います。
もちろん、亡くなったその人も。
そこまで心を揺さぶった人、その人の軌跡の後に続く人。
適当な言葉が思いつかずですが、、本当にすごいと思います。

亡くなられた方に対して、どうする事が一番なのか。
まだ自分には分かりませんが、素直にこう思える事は確かです。

「I pray his soul may rest in peace.
                   ご冥福を、お祈りいたします。」
[PR]
by heart-of-chord | 2006-11-17 01:04 | 雑記


<< N◎VAキャスト 質量のある夢 >>