プレイ日記その8

という事で、絢爛舞踏祭のプレイ日記臨時再開です。
絢爛世界時間で21日が経ってる訳ですが、戦況はどーなってるかなぁ。

ほーほう、ネーバルと第六異星人との間で戦争継続勃発の嵐だ。
しかもその影響で、ネーバルの独裁下にあるシルチスは、死人が出たりとスゴイ事になってる。
これは早急に手を打ちたい所ですねぇ。

画面が切り替わったとたん、TAGAMIに話し掛けられてた。
こんな事もあるんですねぇ。。
話の内容がわからないから、とりあえず神妙にうなずいておく。
何話されたんだろう・・・

で、早速エンディングトライで火星の平和までを計算。

A.80年で海軍魔女艦隊と第六異星人の間で戦争勃発。

みゅう、ネーバルと同盟結んじゃってるし、ネーバルの弱体化による第六異星人との和解は無理かぁ。
となると、ネーバルを応援して支配してもらわなきゃ。

で、パイロットプレイだけだと受身的になりがちなので、斬ります。
艦長を兼任して、色々いじくったり、政治家になって色々提案する事に。

今日は真面目路線だなぁ。(笑)
とりあえず、タルシスで物流在庫が発生していたので、
タルシス近海で中央ファイナンスを臨検することを提案。

・・・・みんな無関心だし・・・・

とりあえず、採択されたのでよし。
パイロットに戻って、そのときを哲学して待つ。

で、その時が来たのはいいけど・・・
合計で16連戦。
いや、多すぎですから、その割に臨検物資は少ないし。
ただ、そのおかげなのかは分からないですけど、ネーバルが第六異星人を支配。
おかげで、火星の平和は火星に残ってる敵を倒すだけとなりました。

明日の日記は、主にキャラのお話をします。
というか、タフトとエノラ来ないうちに終わりそう・・・(終)
[PR]
by heart-of-chord | 2005-07-23 13:12 | 絢爛舞踏祭


<< プレイ日記その9 一段落 >>