宿曜占星術

都さんがやってらしたので、自分も感化されてやってみました。(笑)
以下、引用

----------------ー------------------

張宿
女将の星
★(獅子宮四足)海蛇座に属し、南方を守護す、星象は「杵の如し」

この宿に生まれし人、能弁にしてサービス精神旺盛
気位が高く、理屈屋ですが、学問を好み、正義漢でもあるので、一見すると
エネルギッシュな知識人に見えます。かなりの酒豪でもあります。
”女主人星”と呼ばれ、女性にとっての”大将星”、男性にとっては並の星。
この宿星の男性は、正義を愛する理想家肌で強い者には果敢に立ち向かっていきますが、
弱い立場の人には驚くほど優しい。
一見すると粗暴で豪傑のようですが、見かけによらず繊細な神経を持ち、
気の小さいところがあります。
物事に真正面から取り組み、神経質なくらいきちんと仕上げます。
人々の信頼は厚いが、融通が利かない為、人間的な面白味には欠ける。
女性は派手好みで勝気、頑張り屋。運動神経が発達していて「オテンバ」タイプ。
口が達者で、相手を喜ばせるセンスにも長けています。
もっともらしい言葉を吐いては適当にけむに巻いてしまう才能があります。
ハッタリで大風呂敷を広げる人もいれば、鼻もちならない程、高慢な人もいます。
口がうまいわりには中身のない話が多く、本人は人気者のつもりでも、
案外、陰ではホラ吹きと呼ばれていたりします。他人に好かれるわりに親友が少ない。
人と争そいもしないかわり、身を犠牲にして人に尽くす事もしない。
明快そうでいて内心はそうでもなく複雑怪奇、ちょっと、とらえどころのない星です。

★大きな組織に入るのが最良
男女共、学問好きで、アカデミック。正義感も強い。
どこに行っても不満だらけで転職が多い。あれこれと気が多く、いろんな職種に手を
出すがどれもモノにならないという傾向が生じやすい。
なまじ感覚的な部分に自信がある為、
目新しい試みにチャレンジしては見事に失敗という事を繰り返す。
何事も最初が肝心の星、スタート次第で成功運が分かれます。
女性は失敗してもただでは起きないしぶとさがあり、失敗の度に力量を増していきます。
労せずして親の財産を相続したり、大きな組織やのれんを分けてもらえる強運に恵まれるが、
男性の場合、よほど実力がなければそれらを維持存続させるのは難しい。
商売で成功するのは難しいが、引き継ぐような場合は、小さくとも会社組織にし、
参謀を見つけてワンマン経営は避ける事。
この宿星の男性は、元来「寄らば大樹の陰」タイプで、独立するならバックが大切、
まずは他人の軒下を借りて第一歩を踏み出す事。
◎適職
学者、教師、編集者、評論家、芸術家、医師など。スポーツ選手も良い。宗教家も多い。
女性は海外運があり、外資系のOL、通訳、スチュワーデスも適している。
男性は政界、官界、大企業に入る方が無難。
女性が男性と大きく違う点は、独立自営でも成功する事、女優、旅館や料理屋の女将、
クラブのママなどで、たくましく生きていきます。

◎スティタス
集中力 ★★ 真面目さ ★★★
決断力 ★★ 浮気度 ★★★
統率力 ★ タレント性 ★★
蓄財力 ★★ 陽気さ ★★
行動力 ★★★ 知的度 ★★★

★男性は髪結いの亭主、女性は主人
この宿星の男性は、一見すると乱暴で豪傑、亭主関白だが、お坊ちゃんタイプで性格が弱く、
意外と繊細な神経の持ち主、気も小さくて依頼心が強い。
悪いパターンでは、ヒモのような生活をしているくせに自信過剰で気位が高く、
生活力がないくせに理屈をこねて威張っている。
結婚相手としては、かなり当たり外れが大きい。
女性は世間知らずでわがまま、派手好きでブランド志向、
いつも人にチヤホヤされていないと気が済まず、
お嬢さんっぽさを出しすぎる為、同性の受けが極めて悪い。
やっとできた友人も家来のように扱うので、気が付くと一人ぼっちになっている。
恋愛や結婚に対して高望みする傾向があり、「白馬に乗った王子様」の登場を待っています。
相応の相手で満足する割り切りも必要です。
ただ独身を通したとしても、仕事で成功できるので無理に結婚する必要はないかも。
「畢宿・房宿」と並ぶ、三大美女星のひとつですが、心のうちが計りしれないという
一種独特の妖艶さがあります。

◎相性
夫婦星 昴宿・尾宿・胃宿 斗宿・婁宿 翼宿・星宿・張宿
恋人星 柳宿・軫宿・箕宿 心宿・畢宿 奎宿・女宿・張宿
友人星 亢宿・井宿 鵜宿・参宿 張宿

◆避けるべき宿星
壁宿・房宿・鬼宿・虚宿

★女性は勝気すぎるのが欠点だが、反面、頑張り屋でエネルギッシュ。
男性遍歴が多いが男を肥やしにして力量を増していく。
平凡な結婚運には恵まれないが、決して不幸にはならず、しぶとく生きていく。
男性は成功者と落伍者の差が大きい、確かなバックに守られて確実に歩む事。
シビアな状況になると気弱になりがちなので、冷静に状況判断し、アドバイスしてくれる
ブレーンが必須、目先の見栄で我を張ったりせず、助言に従う方が賢明。

----------------ー------------------
引用ここまで

つまり、どうしようもない人ということですか。(泣)
思い当たる節はあるといえばありますが、この星の男性は、上下が激しいのですね。
みゅーん。(終)
[PR]
by heart-of-chord | 2006-02-19 01:44 | 雑記


<< 複合占い 前提変換について >>