TRPG議論バトン

セミナーから帰ってきて、ゆったりとしている伯牙です。
会社説明会とは名だけの第一次選考のテストは中々楽しかったです。
でも、何だかなーという気分も抜けなかったり。

さてさて、時間が久しぶりにゆったりしているのでニンジャさんから回ってきた
TRPG議論バトンに回答したいと思いますが。。
Aの魔法陣とロータスシティしかTRPGを知らない自分が書いても面白い物なのか、はてさて。(汗)
とりあえず、前提としてAの魔法陣を基礎として回答していますので、そのつもりで読んでくださいです。

--------------------------------

■Q1.2006年(1月から12月)は何回ぐらいTRPGを遊びそうですか?

何回くらいだろうー。
出来れば、たくさん遊んでいきたいと思って居ますですけど。
うーん、具体的な数としては、1ヶ月7回くらいとして、84回くらい?
というか、予定は未定ですー。(笑)

■Q2.今年はどんなTRPGでGM(DM,ST,RL等)をしそうですか?

Aの魔法陣がほとんどかなぁ。
あとは、ロータスシティが有力候補。
他のTRPGは勉強したいと思っていますので、まだまだまだまだ。

■Q3.今年はどんな論考(コラム,雑記等)を書きたいですか?

論考・・・。
自分が書いてきたのは、全部芝村さんとお話した内容を自分なりにまとめてるだけなんで、論考とは言えないですよね。。
書けたらいいなぁと思うのは、Aの魔法陣Ver.3についての事かな。
いまよりもVer.UPは続いていくと思いますが、とりあえずは最新Ver.のAの魔法陣について、
ちまちま書きたいです。

■Q4.マスターの醍醐味ってなに?

Aの魔法陣に置き換えるのでSDの醍醐味って何?差し替えです。
自分がよく感じてるのは、ゲームの展開と解決法とその結果が、プレイする人によって本当に変わることです。
同じデータを運用してるのに、こうまでも人の個性とかプレイングが反映されるのか?!
という、変化がすごく面白いです。
後は、SDし終わった後にプレイヤーさんに「また、一緒にゲームしましょう!」とか、
「Aの魔法陣って面白いですね!」という言葉が聞けることが嬉しいです。

■Q5.上級者ってなに?

うーん。
プレイヤーの上級者は、
ゲームの流れをよく読んで、その上で他の人たち(SD含む)と上手く交流をこなして、
自分のプレイングで自分のやりたい事を体現できる人。かなぁ。
経験の有無は、そんなに関係ないと思ってます。

SDの上級者は、
知識が豊富で、データの簡略化が上手くて、臨場感あふれるゲームが出来る人。かな。
物語の展開はプレイヤーが作り上げていく物なので、
SDができる事といえば、データや判定、ゲーム進行を如何に正確に反映できるかどうかだと思いますです。

■Q6.ハンドアウトってなに?

あー、うー。。強いて似たようなものを言うなら、SDが提供する最低限の情報でしょうか。
Aの魔法陣は、プレイヤーが物語の関係性や立ち位置を基本的に決めていくものなので、
世界観や常識にあまりにも逸脱した関係性や立ち位置にプレイヤーがはまらないようにするためのもの。

■Q7.TRPGは人生の役に立つ?

役に立つか立たないかは、
基本的に個人個人の考えのもとにあるものだということを前提としてですが。。
自分の人生においては、役に立ってます。
だって、やってて楽しいじゃないですか。(笑)
自分の知らない事もそこから知ることが出来ますし、そう言った事も全部含めて楽しいです。
自分にとっては、そう言った楽しさとか興味を引き出してくれるものの一つです。

■Q8.ゲームタイトルは隠す?

うーん?
別に隠す事はないです。
タイトルがそのままゲームの内容になるかは別として、隠す必要もないかなと思います。

■Q9.貴方が参考にするTRPG関連書籍、ネット文書を挙げて下さい。

書籍で言えば、RPGamerを「おぉー。はえぇー。」とか言いながら読んでます。(笑)
WEBでは、白河堂さんのブログやニンジャさんや海法さんの記事などをよく読ませていただいてます。

■Q10'.一緒にこういった質問について楽しく考えてくれる
 (かもしれない)と思う人、6名にバトンを渡してください

あうー。どうしよ。
書いてみてもいいかなと思ったり、ちょっと書いてみたいなという人に無料配布で。(笑)

--------------------------------

みたいな感じになりましたー。
いいのかなぁ、こんなんで。(汗)

P.S.
Aの魔法陣関西オフ会、まだまだ参加受付中なのでお知らせくださいー。(終)
[PR]
by heart-of-chord | 2006-02-09 17:59 | 雑記


<< 印象バトン Aの魔法陣関西オフ会 >>